ホーム > 自然観察 > 5月20日(土) 加子母の初夏

5月20日(土) 加子母の初夏

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年5月12日 4:52 PM
  • 自然観察

輝くつつじ

image001

上品な藤

image003

一面に忘れな草

image005

 ブラジルのジャパンハウスの開所式の十五日間で加子母の春は一変していてまるで浦島太郎の気分です。我家の庭の草も木も全て若緑になり花達が咲き誇っています。
 満開の藤棚の下に忘れな草が咲き、つつじはこれ以上の紅は他に無い程鮮やかに輝き、初夏のとても気持の良いそよ風に乗って藤の甘いあまい香りが辺り一面を幸せにしてくれます。花ずおう、手まり、山法師、黄と白の山ぶき、姫うつぎ、雪やなぎ、紅どうだん、花もも、すずらん、鯛つり草、桜草、いかり草、あまどころ、えびね、におい水仙、おだまき、ふたりしずか・・・
陣取り合戦し乍ら我世の春を謳歌しています。
 長くて寒い季節をずっと耐えてたえ抜いてようやく待ちに待った春、そして初夏、今が一年で一番良い季節です。生き物は全てこの季節を楽しんでいます。人世も又いろいろな事に耐えてたえ抜いてやっと小さな幸せが来るのではないだろうか。

かしもむら なかしまのりお

コメント:1

小島 政臣 2017年5月30日

五名の棟梁の奮闘で 決められた短期間に完成した”ジャパンハウスの地獄組み” 社長ご夫妻の参列で 盛大にオープン、おめでとうさんです。2週間お疲れ様。その後 施設は連日大勢の参観者で一杯です。時が経ち 季節が変ってもジャパンハウス 日本文化と技を光リ続けて欲しい物です。ブラジル こじままさとみ 

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

ホーム > 自然観察 > 5月20日(土) 加子母の初夏

ページの上部に戻る