ホーム

自然に生きる

12.7(木)・10(日) 我家の漬物づくり

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年12月12日 1:45 PM
  • 自然観察

杓子菜(しゃくしな)(体菜)、赤蕪、大根、白菜が勢揃い。

resize0207

白菜、大根が日向ぼっこしているよ!!

resize0209

良く太った白菜は甘くて美味しいよ!!

resize0208

富士山柿の干柿も飴色になってきた。甘くて美味しいよ!!

resize0210

杓子菜(しゃくしな)(体菜)、赤蕪、大根、白菜が勢揃い。

resize0206

和歌ちゃんは今日一日中漬物部屋に籠りっきり!!

resize0212

赤蕪は赤い根っ子と葉も切って漬けます。だから切漬と言います!!

resize0211

此の秋は天候が悪くて野菜の出来が今一(いまいち)でした。それでも茂さんと武一おじさんから貰ったりして我家の縁側は満席になりました。初冬の日差しを一杯浴びてゆっくりと日向ぼっこさせてから、漬物部屋で切って幾つもの桶に漬け込みます。
 昔は近所の女)衆(おんなしゅう)が集って清水の湧き出る所でわいわいがやがややり乍ら漬物洗いするのが暮れの行事だったのですが。味噌と溜(たま)りの仕込みも始っています。
 ここ数年暖かい冬が続きましたが、今年は11月から寒くてもう-5℃を越す日がありました。久しぶりの寒い冬になりそうです。
厚い氷の張った桶に穴を空け、手を突っ込んで漬物を取り出します。痛くて手がちぎれそうな昔の寒い冬が来そうです。
 桶から出したての切漬を少し溜(たま)りを付けて、炊きたてのご飯と食べる。これが美味くて何杯でもおかわり出来ます。ストーブの上で焼いて食べると、これも又お茶の友に最適です。すき焼き鍋で砂糖と油揚げとお酒で煮て食べる。切漬のすき焼きは一週間でも続けて食べれます。フライパンで油と炒めるのも又美味い。汁物が無い時はお椀に入れて熱いお湯を注いで汁にするのも乙(おつ)なものです。
 いよいよ加子母の冬が始まりました。

かしもむら なかしまのりお

12 月4日(月)百舌鳥が来た。

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年12月4日 8:21 AM
  • 自然観察

木蓮の枝に止って睨めっこ!!

DSC06019

可愛い目をしている!!

DSC06020

一筆書きの白い雲がきれい!!

DSC06022

いよいよ12月に入った。今年は11月からもう寒波が来て寒い。
AM6:30。とても良く晴れて放射冷却で-2°。
 今朝はプレカット工場まで2km久しぶりに歩いてゆく。
 打合せを済ませて歩いて坂道を帰る。
 きよしくんちの木蓮のつぼみの間に百舌鳥(もず)を発見。とても可愛い目をしてこちらを見ている。カメラを向けても逃げない。雌だろうか、少し小振りでけたたましく鳴かない。尻の尾をピンと立ててピクピクと振り乍らキチーと縄張りを周囲に知らせるように威張って鳴くのだが。
唐塩山の上の真青な空に白い雲の絵がきれいだ。

かしもむら なかしまのりお

11月26日(日) 冬支度

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年11月26日 11:56 AM
  • 自然観察

我家の縁側は干し物で一杯!!

resize0200

きれいな赤。これは辛いぞ。赤唐辛子。

resize0199

大根を二つ割りして干して漬ける。こりこりして美味いよ!!

resize0198

榧の実。

resize0205

赤蕪(あかかぶ)の茎。

resize0197

栗と赤唐辛子

resize0204

大根と人参。

resize0203

西方芋(里芋)。

resize0202

赤蕪。生きいきとした赤がきれい!!

resize0201

今年は早くから寒い。今朝は-2℃。
 久しぶりに仕事のない日曜日。のんびりと庭をぶらぶら。縁側にいろいろ干してある。真赤な唐辛子と赤蕪はもうすぐ漬物となる。辛くて美味い赤蕪の根漬け。切り漬けも又美味い。大根は干して漬けるとこりこりと歯応えが良くて美味い。お茶の友に最適。栗は元旦の縁起品。
 ずっと昔から変らぬ加子母の暮れだ。

かしもむら なかしまのりお

ホーム

ページの上部に戻る