ホーム

自然に生きる

6月22日(木) 笹百合の咲く頃。

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年6月22日 1:11 PM
  • 自然観察

色白美人。清楚できれい!!

resize0130

ピンクの美人。情熱的!!

resize0128

二人姉妹。健康優良児!!

resize0127

色白の姉妹。上品!!

resize0129

ピンクの一卵性双子。

resize0131

色白の三ツ子。

resize0132

四ツ子がみんな立派に育ちました。

resize0133

五ツ子も元気に育ちました。

resize0134

今年も笹百合の頃になった。
梅雨に入ってもずっと晴天が続き、カラカラに大地が乾いて大変心配していたが、昨日恵みの雨が降り植物達は一息ついた。
 今朝しか無いと二渡のすけおさんちの裏山と小学校の林道の法面を見に行く。
 長靴を履いて雨の露でずぶぬれになり、急斜面に滑り乍らやっとの事で花に近づく。
 抱き締めたくなる程良い香りが辺り一面に漂いとても優しくて上品な気持になる。真白から淡いピンク、濃いピンクと色も様々。良く太って立派なものから、痩せて小柄なものまで大きさも様々。何よりも二ツ子、三ツ子、四ツ子、五ツ子もたくさんあって変化に富んでいる。
どれだけ見ていても飽きない。
 カメラとスマホで写真と動画を撮った。
今年の花は花びらが少し縮れ気味。蕾もすらっとしていない。暑くて雨が少なかったせいなのか。
ここにも異常気象の心配がある。

かしもむら なかしまのりお

5月26日(金) 我家のつつじたち

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年5月26日 10:14 AM
  • 自然観察

紅どうだんつつじ

resize0121

更紗どうだんつつじ

resize0122

白つつじ

resize0123

れんげつつじ

resize0124

可愛いつつじ

resize0125

庭のあるじ

resize0126

我家の庭に夏が来た。真青な空のキャンバスにつつじたちの絵を描いてみた。無数のりんごが実を付けたような紅どうだん。たくさんの風鈴がぶら下がったような更紗どうだん。純白の大柄な花がとても清々しい白つつじ。燃え立つように大きな花が眩しいれんげつつじ。赤い火の玉のようにどんと座って我家の庭のあるじのつつじ。寒くて長い冬を耐えてたえてようやく暖かくなるのを待って蕾をふくらませ、どんと暖かくなった今日咲き誇っている。
 今のためにずっと貯えてきたものを一気にほとばしらせているこの花達を愛おしく思えて仕方がない。忙しい毎日の中でこの時をじっくりとしっかりと感じている。

かしもむら なかしまのりお

5月20日(土) 加子母の初夏

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年5月12日 4:52 PM
  • 自然観察

輝くつつじ

image001

上品な藤

image003

一面に忘れな草

image005

 ブラジルのジャパンハウスの開所式の十五日間で加子母の春は一変していてまるで浦島太郎の気分です。我家の庭の草も木も全て若緑になり花達が咲き誇っています。
 満開の藤棚の下に忘れな草が咲き、つつじはこれ以上の紅は他に無い程鮮やかに輝き、初夏のとても気持の良いそよ風に乗って藤の甘いあまい香りが辺り一面を幸せにしてくれます。花ずおう、手まり、山法師、黄と白の山ぶき、姫うつぎ、雪やなぎ、紅どうだん、花もも、すずらん、鯛つり草、桜草、いかり草、あまどころ、えびね、におい水仙、おだまき、ふたりしずか・・・
陣取り合戦し乍ら我世の春を謳歌しています。
 長くて寒い季節をずっと耐えてたえ抜いてようやく待ちに待った春、そして初夏、今が一年で一番良い季節です。生き物は全てこの季節を楽しんでいます。人世も又いろいろな事に耐えてたえ抜いてやっと小さな幸せが来るのではないだろうか。

かしもむら なかしまのりお

ホーム

ページの上部に戻る