ホーム > アーカイブ > 2014年8月のアーカイブ

2014年8月のアーカイブ

8月24日(日)木曽越林道の植物たち

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2014年8月24日 9:21 AM
  • 自然観察

春一番に黄色の房が垂れて今は種になった。木節(きぶし)

DSC05471

初夏に白い花が次から次へと咲いて、今は硬い実になった。えごのき。

DSC05472

蔓にたくさん実をつけた。もうすぐ猿に食べられてしまう。 猿梨(さるなし)

DSC05475

このきれいな赤い実はもうすぐ美味しくなる。莢蒾(がまずみ)

DSC05477

茎から細い柄で船の姿の花が釣られている。船釣り草(ふなつりそう)

DSC05486

毒々しい赤い花は葛(くず)の花。

DSC05491

道端にたくさん咲いていて面白くも何とも無い。鵯花(ひよどりばな)。藤袴(ふじばかま)と良く似ている。

DSC05518

臭木(くさぎ)。余り良いとは言えない強い臭いがする。天気が良いと揚羽蝶(あげはちょう)が一杯集る。でも結構きれいではある。

DSC05501

虎杖(いたどり)。真白な無数の小さな花びらがピンクに染まってお仕舞いを迎える。これが堪らなくきれいだ!!

DSC05503

 天気が悪くても、ゆっくりと花や実を観察し乍ら山を登ると、結構楽しいものだ。
 ブログを書くために年中写真を撮るようになってから気付いたのだが、全ての植物は花が咲き実が生って種を保っている。花の咲かないもの、実のならないものは無いのだ。
 どうしてこんな簡単な事を今頃気付いたのかと自分乍ら恥ずかしい。

かしもむら なかしまのりお

8月24日(日)木曽越林道の玉紫陽花(たまあじさい)

玉が膨らんで、

DSC05462

少し割れ始めた。

DSC05489

もう少し割れて

DSC05465

この小さな玉が更に割れて

DSC05481

雄蕊(おしべ)と雌蕊(めしべ)がすっかり開くと、 輝く程にきれいになる。

DSC05469

装飾花だけが白く開いて

DSC05479

装飾花だけが真白に目立つ。

DSC05480

種子が出来てくると

DSC05482

装飾花はピンクに染まってお仕舞いを迎える。

DSC05499

 今日は第52回かしも山歩倶楽部。少し曇り気味。途中の道端の玉紫陽花がいろいろな姿を見せてくれて面白い。
 こうして一時にこの花の一生を見ると、とても興味深い。
 何と可愛らしい花だろう。

かしもむら なかしまのりお

8月20日 この夏一番の天気!!

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2014年8月20日 9:08 AM
  • 自然観察

糊卯木(のりうつぎ)はもうお仕舞い。

DSC05410

瓜肌楓(うりはだかえで)はプロペラが付いて種が飛んでゆく。

DSC05411

これは何と言う花か?

DSC05412

木節(きぶし)

DSC05416

鬼胡桃(おにぐるみ)。今年は良く生っている。

DSC05417

吸葛(すいかずら)と良く似ているが!! 浜忍冬(はまにんどう)か?

DSC05418

小和知の里の絶景ポイント。きれいな農村ですね。

DSC05421

良く見ると豌豆(えんどう)の花と良く似ている。矢筈豌豆(やはずえんどう)、烏野豌豆(からすのえんどう)だろうか。

DSC05423

これも擬宝珠(ぎぼし)と良く似ている。

DSC05425

蛍袋(ほたるぶくろ)と似ているが?

DSC05426

野紺菊(のこんぎく)。風に吹かれて気持良さそう!!

DSC05429

宵待草(よいまちぐさ)

DSC05430

お宮道から西山を見る。空気が澄んで緑がとてもきれい!!

DSC05431

 今朝は歩いてプレカットへ行く。帰りはゆっくり野の草花と話し乍ら、写真を撮り乍ら歩く。良く分らない草花だ。それでも知っているのと良く似ているのは大体親戚だ。
 ウィキペディアで探すと面白い程良く分る。自然に生えているのが人間の都合で改良されているだけの事。

かしもむら なかしまのりお

ホーム > アーカイブ > 2014年8月のアーカイブ

ページの上部に戻る