ホーム > アーカイブ > 2010年11月のアーカイブ

2010年11月のアーカイブ

11月21日(日) 木曽越峠の夕暮

造作工場の庭の野村紅葉(ノムラモミジ)が余りにきれいなのでパチリ!!

紅葉の赤と欅(ケヤキ)の緑と空の青がきれいです!!

木曽越林道の法面で猿達が何かしら食べていました。

御岳山が夕陽に映えてきれい!!

PM4:16 夕陽が沈みます。

PM4:30

PM4:36

PM4:39

PM4:43

PM4:44 すっかり沈んでしまいました。

PM4:45 郷もすっかり暮れました。

朝からとても良く晴れて暖かい日になりました。いろいろ用事を済ませていたらもう3時になってしまうので急いで木曽越峠の夕陽を見に出掛けました。
造作工場の紅葉が真赤になっているので西陽に透かせて見ました。とてもきれいでした。
それから林道をどんどん登ると日だまりの法面で群れの猿が20~30匹遊んでいたので車を降りて写真を撮りました。
ボスらしき大きいのが何か美味しそうに食べながらじっとこちらを見ていてくれました。
途中の隠れ家でストーブを燃やしてみました。枯れ枝が良く燃えました。だんだん暮れて来たので木曽越峠へ行き車を下りて歩いて山を登ると丁度良い具合に御岳が夕陽に映えてとてもきれいでした。
暗くなった山道を登り木曽谷大崩れの天辺に着くと夕陽が沈み始めていました。
秋の夕陽は釣瓶落しと言います。どんどん落ち30分程ですっかり暗くなってしまいました。
下の方の里を見るとキラキラと家の光が見え始めました。
寒くなって来たので暗い中、坂道を下りました。
もっとゆっくりして名古屋や岐阜の光を見たかったのですが子供達が里帰りして夕飯を待っているので帰りました。

かしもむら なかしまのりお

11月21日(日) 晩秋の晴れた日

我家の前の電柱にしがみついた蔓正木(ツルマサキ)。実が盛り付いて生ってます!!

我家の庭の野紺菊(ノコンギク)。不思議と誘う様な紫色!!

秋の陽を一杯に受けて最後の力を振り絞って咲いています。

真弓(マユミ)ピンクの実が弾けて中から紅い種が出て来ました。とてもきれいです。

その隣の大きな木は剃刀木(カミソリギ)。赤い実を一杯つけています。

山茶花(サザンカ)の白い花。少しピンクがかってきれいです!!

これは真白の山茶花。絵の様です!!

縁側には赤くなった唐辛子が干してあります。漬物に入れます。辛い!!

白菜と赤蕪が干してあります。もうすぐ美味しい漬物が食べれるぞ!!

これは何?富士山柿を捥ぐ時に下に落として割れてしまったので千切りにして干して甘くなってからおやつにします。

今年は富士山柿が余り生りませんでした。その上鵯(ヒヨドリ)にも食べられましたので少ししか干し柿に出来ませんでした。寒くなるにつれて飴色になって甘くなります。

今年は夏が異常に暑かったので農作物には良くありませんでした。トマトも暑い8月に花を付けなかったので秋の収穫が落ちました。
梅も柿も生りませんでした。
鴉(カラス)に取って代って鵯(ヒヨドリ)が一日中少い柿を突っ突いて食べてしまいました。生き物も植物も気候の激変で変ってしまったのではと心配でなりません。
皆さんはどう思われますか?

かしもむら なかしまのりお

ホーム > アーカイブ > 2010年11月のアーカイブ

ページの上部に戻る