ホーム

自然に生きる

9月14日(木) コスモス(Cosmos、秋桜)の頃

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年9月14日 8:07 AM
  • 自然観察

朝晩が寒い位になったらコスモス達が一斉に花を開いた!!

resize0164

秋の陽を浴びてとても気持良さそう!!

resize0165

これ以上の赤(紅)があるだろうか!!

resize0166

赤と僅かな白の芸術的なグラデーションが良いね!!

resize0167

白と僅かな赤のグラデーションがとても上品だ。

resize0169

この赤(紅)も又この花だけのものだ!!

resize0168

猫の親子も日向ぼっこし乍らコスモスと秋を楽しんでいる‼

resize0170

北の高気圧が張り出して来て加子母は秋の気配で一杯だ。
我が家の庭のコスモス達は初夏の頃からちらほらと花を付けていたがここに来て茎もどんどん大きくなり花をどんどん咲かせて今や天下を取った。
 秋桜とは良く言ったものだ。
 朝明けるのも遅くなり、夕日の落ちるのも早くなり、暗くなるとコオロギの大合唱が一晩中続く。
 名前を知らない虫もたくさん鳴いている。
 天気のいい日は空気も澄んでずっと遠くの山の肌の緑が目に染みる。
田圃の稲も黄金色(こがねいろ)に輝いて豊作を知らせてくれる。
山栗ももうすぐ落ち始める。
 秋の桜の頃は収穫の始まりの頃だ。
この心の高まりを大切にしたい。

かしもむら なかしまのりお

8月15日(火) 蝉

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年8月15日 2:09 PM
  • 自然観察

庭の芙蓉(ふよう)が咲いた。

resize0161

百日紅(さるすべり)も

resize0163

檜扇(ひおうぎ)も。

resize0162

春が来て里山の松林でゲージゲージと鳴く春蝉の声を聞き乍ら田植をしたものだ。同じ頃、新緑の奥山でキキキと日暮し蝉まがいに鳴くのは深山(みやま)春蝉。新緑の香りと良く合う。
 むしむしと暑い梅雨の最中にチーチーとニイニイ蝉が鳴き始めると日暮し蝉も朝夕にキキキキとけたたましく鳴く。早く目を醒ませと言っている。
 ミーンミーンとかん高い声で息が切れはしまいかと心配する程続けて鳴くのはミンミン蝉。いよいよ夏が来たのだ。じりじり暑い真夏はじりじりと油蝉。ジーといつまでも息も切らずに鳴き通すのは、蝦夷(えぞ)蝉。ツクツクホーシも加わる。この頃が一番暑い。
 お盆がすんで秋風を感じるようになるといつの間にか蝉の声がしなくなる。そうして秋が来る。

かしもむら なかしまのりお

7月26日(水) きよしくんちのお地蔵様

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年7月26日 5:09 PM
  • 自然観察

エプロンをかけてもらい、きれいな花で飾ってもらって幸せですね!!

resize0154

蜂が一生懸命蜜を吸っている!!美味しいかね。擬宝珠(ぎぼし)。

resize0155

百日草もきれいに咲きそろいました。

resize0156

虎の尾が満開!!

resize0157

ダリアの淡黄色がとても上品できれい!!

resize0158

桔梗の紫がきれい!!

resize0159

小さなちいさな向日葵(ひまわり)が1本だけ咲いていました。

resize0160

朝、山荘からの帰り道、きよしくんちのお地蔵様にお参りした。エプロンをかけてもらい、すぐ隣の畑の花をかざって貰いとても幸せそうだ。
 畑の中を歩いて花を見た。朝露に濡れてとても水々しい。良く手入れしてあるのでとてもきれいな花が咲いている。花の好きな奥様なんだろうなあと思った。

かしもむら なかしまのりお

ホーム

ページの上部に戻る