ホーム

自然に生きる

5月26日(金) 我家のつつじたち

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年5月26日 10:14 AM
  • 自然観察

紅どうだんつつじ

resize0121

更紗どうだんつつじ

resize0122

白つつじ

resize0123

れんげつつじ

resize0124

可愛いつつじ

resize0125

庭のあるじ

resize0126

我家の庭に夏が来た。真青な空のキャンバスにつつじたちの絵を描いてみた。無数のりんごが実を付けたような紅どうだん。たくさんの風鈴がぶら下がったような更紗どうだん。純白の大柄な花がとても清々しい白つつじ。燃え立つように大きな花が眩しいれんげつつじ。赤い火の玉のようにどんと座って我家の庭のあるじのつつじ。寒くて長い冬を耐えてたえてようやく暖かくなるのを待って蕾をふくらませ、どんと暖かくなった今日咲き誇っている。
 今のためにずっと貯えてきたものを一気にほとばしらせているこの花達を愛おしく思えて仕方がない。忙しい毎日の中でこの時をじっくりとしっかりと感じている。

かしもむら なかしまのりお

5月20日(土) 加子母の初夏

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年5月12日 4:52 PM
  • 自然観察

輝くつつじ

image001

上品な藤

image003

一面に忘れな草

image005

 ブラジルのジャパンハウスの開所式の十五日間で加子母の春は一変していてまるで浦島太郎の気分です。我家の庭の草も木も全て若緑になり花達が咲き誇っています。
 満開の藤棚の下に忘れな草が咲き、つつじはこれ以上の紅は他に無い程鮮やかに輝き、初夏のとても気持の良いそよ風に乗って藤の甘いあまい香りが辺り一面を幸せにしてくれます。花ずおう、手まり、山法師、黄と白の山ぶき、姫うつぎ、雪やなぎ、紅どうだん、花もも、すずらん、鯛つり草、桜草、いかり草、あまどころ、えびね、におい水仙、おだまき、ふたりしずか・・・
陣取り合戦し乍ら我世の春を謳歌しています。
 長くて寒い季節をずっと耐えてたえ抜いてようやく待ちに待った春、そして初夏、今が一年で一番良い季節です。生き物は全てこの季節を楽しんでいます。人世も又いろいろな事に耐えてたえ抜いてやっと小さな幸せが来るのではないだろうか。

かしもむら なかしまのりお

4日18(火) 今日は暖かい!!

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年4月18日 8:26 AM
  • 自然観察

たんぽぽと姫踊子草が仲良いね!!

resize0115

幣辛夷(しでこぶし)の白がきれい!!

resize0116

藤もぐっと蕾がふくらんだ!!

resize0117

藤棚の下で忘れな草が咲き始めた。

resize0118

連翹(れんぎょう)の黄色が眩しい!!

resize0119

碇草(いかりそう)が可愛く咲いた。

resize0120

桜草も蕾を出した。

resize0110

網笠百合(あみかさゆり)。

resize0111

小さなちいさな水仙も満開。可愛いね!!

resize0112

二輪草も咲いたね!!

resize0113

白の木蓮がとっても上品に咲いた。香りも気品がある。

resize0114

暮れから正月にかけて暖かかった。元旦の村の互礼会には雪が全くなく快晴だった。
 寒の内も-10℃を越える日は殆ど無かった。でも3月に入ってからほにほにっと暖かくて姫踊子草と犬ふぐりが咲きそうな日はなかなか来なかった。4月に入っても少し暖かい日が来たかと思ってもすぐ寒くなってしまう。
 我家の庭のクロッカスも水仙もなかなか出て来なかった。今年の春は遅かった。
 中旬を過ぎてようやくこの2~3日春らしくなった。かしもむら中の梅、桃、桜、木蓮、辛夷(こぶし)、連翹(れんぎょう)、雪(ゆき)柳(やなぎ)が一斉に咲き始めた。水仙は家の周り、土手、道端で全種類一気に顔を揃えた。
 我家の庭も騒がしくなった。次つぎと花が咲いて少し油断すると盛りを過ぎてしまう。青空のとってもきれいな今日あわてて写真を撮った。

かしもむら なかしまのりお

ホーム

ページの上部に戻る