ホーム > 自然観察

自然観察のアーカイブ

7月21日(金) 我家の庭の朝

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年7月21日 3:37 PM
  • 自然観察

朝日に映えて活きいきしてるね!!額(がく)紫陽花(あじさい)。

resize0142

玉屋~!!隅田の花火が上ったよ!!

resize0143

源平釣り船草が良く咲いた!!

resize0144

秋(桜(コスモス)がもう咲いたよ。きれい!!

resize0145

アガパンサス。紫君子蘭(むらさきくんしらん)。

resize0146

朝顔。花の直径10cmもある!!

resize0150

これも大きい!!

resize0151

百合。花弁が肉厚で少し黄色がかって上品!!

resize0152

葉が半分白い。半夏生(はんげしょう)。

resize0153

西瓜の赤ちゃんが生まれたよ!!いとおしい!!

resize0149

真黄色の大きな花、かぼちゃの花。

resize0147

赤ちゃんが生まれたよ!!食べるのが待ち遠しい。

resize0148

野萱草(のかんぞう)。花弁が八重のものは、薮萱草(やぶかんぞう)。

DSC03785

今日も暑い。朝我家の庭を一廻りしてみた。いろいろ咲いている。朝日に眩しそうにそれぞれ自分の色を主張している。形も。とても清々しくて元気が出た。

7月11日(火) 紫陽花(あじさい)の頃

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年7月11日 1:07 PM
  • 自然観察

玉紫陽花。その昔はこれしか無かった。

resize0138

額紫陽花。雌蕊(めしべ)まで満開。

resize0137

真っ赤な額がきれい!!これで花はお仕舞い。

resize0135

白に赤が染まった額が可愛い!!これもお仕舞い。

resize0139

墨田の花火と言う名前の紫陽花。

resize0136

柏の葉に良く似た葉の柏葉紫陽花。

resize0140

無数の額が集って丸い大きな花になる。アナベル。

resize0141

梅雨の最中(さなか)の、毎日雨ばかり、むしむしと暑い頃に今こそと咲くのが紫陽花(あじさい)だが、今年は雨が余り降らないので拍子抜けした。
 それでもむしむしと三十度の日が続いていて、我家の庭の紫陽花は今を盛りと咲き競っている。
 私の子供の頃は紫陽花と言えば玉だった。花の色が次々と変ってゆくので「心変わりする人」に見立てられて歓迎されなかった。
 その後栽培種がいろいろ現れて額が一番たくさん植えられている。今では心変わりは人の常となったので世の中も変った物だ。
 我家の庭も東西南北にあって少しずつ土が違うのか、いっしょに咲いても、全くおなじ花は無い。人も花も、そういうものかも知れない。
 暇を見て庭のあちこち覗くと、新しい発見がたくさん有ってとても面白い。
 土のある全ての所にコスモスが生えている。もう花を咲かせていて可愛い。ようやく芽を出したばかりの赤ちゃんもいる。とても逞しくてびっくりする。

6月22日(木) 笹百合の咲く頃。

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2017年6月22日 1:11 PM
  • 自然観察

色白美人。清楚できれい!!

resize0130

ピンクの美人。情熱的!!

resize0128

二人姉妹。健康優良児!!

resize0127

色白の姉妹。上品!!

resize0129

ピンクの一卵性双子。

resize0131

色白の三ツ子。

resize0132

四ツ子がみんな立派に育ちました。

resize0133

五ツ子も元気に育ちました。

resize0134

今年も笹百合の頃になった。
梅雨に入ってもずっと晴天が続き、カラカラに大地が乾いて大変心配していたが、昨日恵みの雨が降り植物達は一息ついた。
 今朝しか無いと二渡のすけおさんちの裏山と小学校の林道の法面を見に行く。
 長靴を履いて雨の露でずぶぬれになり、急斜面に滑り乍らやっとの事で花に近づく。
 抱き締めたくなる程良い香りが辺り一面に漂いとても優しくて上品な気持になる。真白から淡いピンク、濃いピンクと色も様々。良く太って立派なものから、痩せて小柄なものまで大きさも様々。何よりも二ツ子、三ツ子、四ツ子、五ツ子もたくさんあって変化に富んでいる。
どれだけ見ていても飽きない。
 カメラとスマホで写真と動画を撮った。
今年の花は花びらが少し縮れ気味。蕾もすらっとしていない。暑くて雨が少なかったせいなのか。
ここにも異常気象の心配がある。

かしもむら なかしまのりお

ホーム > 自然観察

ページの上部に戻る