ホーム > タグ > 郡上おどり

郡上おどり

8月11日(木) 郡上おどり

おじいちゃん2人で踊り始めた。とてもきっちりした踊りだ!!

DSC03719

又違う人と踊り始めた。これもしっかりしている!!

DSC03721

今度は3人で踊り始めた。踊りに乙張(めりはり)があって気持ちが良い!!

DSC03722

もっと近くで見ると又良い!!

DSC03723

2人で何やら踊りの話をし乍ら踊っている。

DSC03724

少しするとおばあちゃんと孫も入って輪になって踊っている。

DSC03727

皆んな地元の人達でとても小気味良い踊りっぷりだ!!

DSC03728

このおじいちゃんのお孫さんらしく時々指導が入る。

DSC03730

今度は若い親子とその仲間の輪が出来た。この人達も上手い!!

DSC03733

子供は父親の後について少しだけ踊り乍ら連いて廻る。可愛い!!

DSC03734

炭焼きの件で白鳥町へ行った。仕事を済ませて白鳥踊りを尋ねると明日からだと言う。諦めて来た道とは違う農道を走って建築中の学校を見たり、「古今伝授の里」という道の駅に寄ったり、大和町の工業団地を見て、夕方八幡町に着いた。駐車場に車を入れ、わかちゃんと二人で水路のある路地裏や吉田川の飛び込み橋を見て歩く。まだ盆踊りには時間がある。本町通りのお好み焼き屋に入る。郡上おどりの客でごった返している。焼きそばとお好み焼きを注文した。お好み焼きは美味かった。背中が丸くなり、腰の曲がったこの家の主と思われるおばあちゃんがてきぱきと焼いてくれた。アルバイトの子達が3人お手伝いをしている。この家の孫かもしれない。息子の嫁も働いている。一家総出のかき入れ時だ。暫くいたが余り長居も出来ず外へ出た。今晩の踊り場所を聞く。上町で8時からとの事。尋ね乍ら着くと木の縁台がある。これに腰掛けてゆっくりしていると屋台に灯が入り十字路まで引き出され歌い手、弾き手が登る。踊り手も折りたたみ椅子や手さげ袋をさげて浴衣姿で集まって来て場所を取る。皆んなおじいちゃんおばあちゃんばかり。孫の女の子を連れた紺の模様の浴衣のじいちゃんが相棒と話乍ら踊り始めた。腰の置き方、手と指の使い方、下駄の鳴らし方、とても堂に入ってきりっとしている。屋台の廻りの観光客からは離れて私の目の前でもう一人のじいちゃんと3人で輪を作って踊る。3人共手、足、腰、頭の動きがとてもきびきびして、正確で丁寧だ。この人達が町内の踊り手らしい。おばあちゃんも2~3人輪に入って上手い人ばかりの踊りを目の前で見られた。お孫さんも上手い。そのすぐ隣に他で踊っていたらしいとても派手な浴衣を着た一団が来て別の輪を作って踊り始めた。父と娘とその友達のカップルらしい。少し動きは荒いが若々しくてとても上手い。娘をだっこしたり、よちよち歩きをさせたりし乍らそれでも娘はリズムに乗ってよちよち歩きをして父親に連いてゆく。こうして体で郡上おどりを覚えるのだな。わかちゃんは観光客の屋台の輪に入って踊っていたらしく10時頃に戻って来た。
目の前の人達の上手い踊りの輪を暫く見てから帰った。

かしもむら なかしまのりお

ホーム > タグ > 郡上おどり

ページの上部に戻る