ホーム > 自然観察 > 12月21日 穏やかな年の暮

12月21日 穏やかな年の暮

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2018年12月21日 9:22 AM
  • 自然観察

我家の庭で特に目立つ大きな木、柊(ヒイラギ)南天。真赤な実がたくさん生ってきれい。

全ての葉が落ちた庭にあって唯一可憐に咲いている菊。

正木(マサキ)の実が弾ける!!

盛りついて生ったピラカンサの実。雪が降ると鵯が一つ残らず食べ尽くす。

黄色の葉で春を知らせる連翹(レンギョウ)の実。美味しいよ!!

.

我故郷の穏やかな暮。

唐塩山もゆったり!!

それにしても穏やかな師走だ。
 真青な空と穏やかな日差しと庭に佇(タタズ)む木の実はとてもきれいで心を和ませてくれる。
 年をとったせいなのか、気候が温暖化したせいなのか、とても優しい冬になったものだ。
 こんな穏やかな頃なのに世界の動きはとても穏やかとは言えない。心配だ。

かしもむらなかしまのりお

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

ホーム > 自然観察 > 12月21日 穏やかな年の暮

ページの上部に戻る