ホーム > 自然観察 > 10月17日 杉平茸(笹箆)の頃

10月17日 杉平茸(笹箆)の頃

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2018年10月17日 9:58 AM
  • 自然観察

我家の富士山柿。とても良く生った!!

数珠生り!!

小郷の奥山に雲がへばりついた!!

きれい!!雲が雪のようにへばりついた!!

赤松の枯れ木にも杉平茸(スギヒラタケ)が生えた。

この温度に、この湿度。今が一番の採り頃だ。

加子母では笹箆(ササベラ)と言う。

赤松の腐り丸太に緑の苔がびっしりと生え、その上に真白な杉平茸が盛りつくように生えている。


日暮れが早くなり、少し寒くなり、湿気も程良くなったので木曽越林道の生え場へ行ってみた。
良く生えている。どんぴしゃり杉平茸の生える日だった。杉 の古株が本命だが今年は何故か赤松の腐り丸太にも盛りつくように生えている。
ここ4~5日すると寒さが来てこの真白なきれいな茸は黄色に変り腐ってゆく。
11/3(土)のかしも山歩倶楽部の芋煮の分までたくさん採った。
もうすぐ富士山柿を捥いで干す頃になる。
加子母の秋は少しずつ冬に変わってゆく。

かしもむらなかしまのりお

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

ホーム > 自然観察 > 10月17日 杉平茸(笹箆)の頃

ページの上部に戻る