6月16日(火)犬も歩けば棒に当る。

DSC01950
天照山の紫陽花(あじさい)が咲き始めた。
DSC01952
ピンクのつつじも
DSC01953
紅いつつじも。
DSC01954
櫨(はぜ)の実がたくさんなっている。
DSC01956
瓜楓(うりかえで)の花は奇妙な形だ。プロペラの様だ。
DSC01960
桧の天辺で山雀(やまがら)が気持良さそうに鳴いている。
DSC01967
小紫陽花(こあじさい)が満開。
DSC01968
山紫陽花も咲き始めた。
DSC01969
山苧環(やまおだまき)も良く咲いた。
DSC01974
薊(あざみ)はもうお仕舞い。
DSC01977
双子の笹百合はまだ蕾。
DSC01978
すぐ隣のは満開。色白だね。
DSC01982
悪茄子(わるなすび)。名前は悪だが花は可愛い!!

 朝早く明けるので早く起きる。
今朝は天気が良いのでプレカット工場へ歩いてゆく。
 両手を大きく振って、大股で威張って歩く。三十分足らずで着く。3700歩、2.5㎞。打合せを手早く済ませて又歩いて帰る。 
帰りはゆっくりとキョロキョロと木や草や花を見乍ら歩く。
植物に興味を持つようになって、たくさんの名前を憶えた。どんな植物にも必ず花が咲くことにも気付いた。そして実が生り秋には地に落ちて何時の日にか芽を出して育ってゆく事も。
とても可憐な花をつける笹百合は球根と種とで生き抜いてきたことも。
 笹百合は笹の中でそっと育ち、小さな、とても良い姿の花を咲かせ、色白あり、淡ピンクあり、濃いピンクあり、香りがとても優しくて食べてしまいたい程愛おしい。
 鹿や猪も私と同じなのか花や球根を食べてしまうので、近頃めっきり減ってしまって心配している。昔は鹿も猪も加子母には居なかったのに。何とかせねばならないと思う。

かしもむら なかしまのりお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください