ホーム > 自然観察 > 1月11日(日) 左儀長(さぎちょう)

1月11日(日) 左儀長(さぎちょう)

  • 投稿者: 中島紀于
  • 2015年1月11日 11:45 AM
  • 自然観察

DSC08893

竹を立て根元に門松、七五三飾(しめかざり)、書き初め・・・等を集めて出来上り。

DSC08892

妙義様のお札も見えます。

DSC08890

小郷区の子供達と手伝った親達皆んなでパチリ。

DSC08894

小郷区長さんが火をつけます。

DSC08895

いよいよ燃え始めました。

DSC08896

火が勢い良くなって竹が爆ぜる音がこだまします。

DSC08899

どんどん燃えて熱くて近くには居られません。

DSC08902

竹がどーん、どーんと爆ぜて腹に浸みます。

DSC08907

良く燃えて芯の板子だけになりました。

 小郷地区の左儀長を見に行った。
 朝早くから小中学校の子供達が各家を廻って門松や七五三飾り等集めていた。大人は竹の太いのを5~6本伐ってきて、3本は立てて縄で三方を固め、根元に製材の板子と青竹を立てかけ、その外に集めた門松等を積み上げて縄でぐるぐる巻きにして固める。お昼前に完成し区長さんが火をつけた。
 火が勢い良くなると中の竹が爆ぜてどーんどーんと腹の底まで響く。雪空の寒い風の吹く中だったが勢い良く燃えるので暖かくなった。
 三方を固めた縄も切って竹を倒し、核にした板子も燃えて熾(おき)が赤くてきれいだ。竹を割って作った串にお正月のお供え餅を差してこの火に炙(あぶ)って焼いて食べると今年一年病気に罹らないという。
 こうして小郷区の今年の左儀長は立派にすんだ。

かしもむら なかしまのりお

コメント:1

こじま まさとみ 2015年1月15日

あなたのコメントを追加して下さい。
明けまして おめでとう ございます。
我が家の神棚には 伊勢神宮、金毘羅神宮、石槌神宮、成田山等 等のお札を
納めて居りますが 納める[返す〕所も無く 20年近くも経っており もう 年代物と成って仕舞いました。 左儀長の様に お世話に成った 神々を 神聖な場所で 敬意を込めて 天にお返しし、互礼会の様に 皆が集まって 感謝の気持ちを 分ち合う集まり、日本人ならではの 大切な年の初めの一ページと思いました。
今年は キット 忙しく成りそうです、、、、お互い健康に注意し 頑張りましょう。
今年もお世話に成ります 宜しく お願い致します。 ブラジル こじま まさとみ

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

ホーム > 自然観察 > 1月11日(日) 左儀長(さぎちょう)

ページの上部に戻る